和良川漁業協同組合

...とくには おかまい出来ませんが 水 と 空気 はいいんです

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
はじめの頁 > 和良川漁業協同組合 > 和良鮎の放流が始まりました

和良鮎の放流が始まりました

Eメール 印刷
今年も「和良鮎」の放流が始まりました。
放流は4月13日、14日、15日と分けて行います。
稚魚は約10g前後で例年に比べても、とても綺麗な魚体でコンディションも良く、放流されるとすぐに石垢を食みはじめていました。
放流される稚魚は、天然遡上由来の琵琶湖産が800kg、岐阜県海産系が300kgの計1100kgです。
7月中旬には、琵琶湖産を350kg追加放流の予定です。
本年度の「和良川」及び「和良鮎」に関する予定は・・
・鮎友釣り外来者特別解禁 : 6月6日(土曜日)6月7日(日曜日)
・鮎友釣り一般解禁 : 6月13日(土曜日)
となります。
7月には「レディース大会」も開催されます。
今年も和良川と和良鮎を愛する皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
 
DSC 0016
DSC 0079
DSC 0154
DSC 0208
DSC 0030
DSC 0221
DSC 0264
 

和良の郷だより

この村で守るべきものは何なのか? NHK[BS1]  3/20(月) 夜 6 時から。

「どんとこい!人口減少~おらほの村は何守る?~」と題して、人口減少に揺れる岩手のとある村での取り組みが紹介されます。若者が戻ってこなくても生き延びる道を探る村、消滅する前に全員で移住して再出発をはかる地区。人口維持ではなく、本当に大切なものを守ろうと踏み切った地域の取り組み。ゲストは和良でもお馴染みの徳野貞雄先生です。お見逃しなく。

続きを読む..

本日の和良川 「和良診療所裏」  ※5分ごとに更新されます

Ulti Clocks content

Copyright (C) 2008.Gujo Wara Tourist Agency. All Rights Reserved.