和良川漁業協同組合

...とくには おかまい出来ませんが 水 と 空気 はいいんです

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
はじめの頁 > 和良川漁業協同組合 > 大きく育て和良鮎!

大きく育て和良鮎!

Eメール 印刷
IMG 3611-1

桜の花が満開の下、和良川では稚鮎の放流が行われました。

鮎シーズンに向けて、大きく育てと願いを込めて和良川漁業協同組合による稚鮎の放流が行われました。
本年度の稚鮎の放流は約1500Kgを、4月11日(月曜日)から13日(水曜日)までと7月中旬とに分けて行われます。
稚鮎はおよそ7~8gで、状態もたいへん良好であり「今年の鮎釣りシーズンに向けて期待も大きい」と和良川漁協 加藤廣雄組合長も話されます。

今年の鮎釣りの解禁の予定は

特別解禁 5月28日(土曜日)と29日(日曜日)
一般解禁 6月11日(土曜日)より

となっています。

今年もたくさんの皆さんのお越しをお待ちしております。

「和良鮎友釣り 便利マップ2016」はこちらからダウンロードしてご覧いただけます。

 

和良の郷だより

この村で守るべきものは何なのか? NHK[BS1]  3/20(月) 夜 6 時から。

「どんとこい!人口減少~おらほの村は何守る?~」と題して、人口減少に揺れる岩手のとある村での取り組みが紹介されます。若者が戻ってこなくても生き延びる道を探る村、消滅する前に全員で移住して再出発をはかる地区。人口維持ではなく、本当に大切なものを守ろうと踏み切った地域の取り組み。ゲストは和良でもお馴染みの徳野貞雄先生です。お見逃しなく。

続きを読む..

本日の和良川 「和良診療所裏」  ※5分ごとに更新されます

Ulti Clocks content

Copyright (C) 2008.Gujo Wara Tourist Agency. All Rights Reserved.