ここは岐阜県郡上市和良町です

とくにはおかまいできませんが水と空気はいいんです

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
はじめの頁 > ほたる情報 > 平成28年6月23日の蛍

平成28年6月23日の蛍

Eメール 印刷

【2016年6月23日時点での蛍の状況】

錦帯橋付近観察地において、蛍の発光と飛翔のピークは過ぎ、これよりは終息に向かうと思われます。
ですが、後しばらくは楽しんでいただけると思います。

このところ月が出る時間が遅いので、蛍観賞にはちょうど良い感じとなっています。

田平橋付近観察地においては、徐々に蛍の発光と飛翔が多く観られるようになって来ました。
現在でもじゅうぶん楽しんでいただけるようになってきました。

錦帯橋付近の蛍も田平橋付近の観察地において、蛍の発光ピークは8時頃から、9時ころまでの間に発生します。


自然の蛍や昆虫は、およそ3年周期で大量に発生したり、減ったりをするようです。そう考えると、今年は少ない年に当たるのかもわかりませんし、2~3年前の大発生を観られた方には物足らなく感じるかもわかりませんが、十分楽しめる発生になっております。


※駐車場には限りがありますが、6月25日(土曜日)、26日(日曜日)は道の駅和良より田平橋までの間をシャトルバスが運行をいたしますので、どうぞご利用ください。

蛍を鑑賞される方々や近隣の住民の方々のため大きな声や音は出さないなど最低限のマナーは守ってください。

蛍発生地に向けてライトやカメラのフラッシュを点灯したり、蛍発生地への進入はどうかご遠慮ください。


路上や橋の上への駐車がみられますが、交通の妨げになり大変危険ですし、道路交通法上も橋の上の駐車は禁止されています。
 

 

和良の郷だより

この村で守るべきものは何なのか? NHK[BS1]  3/20(月) 夜 6 時から。

「どんとこい!人口減少~おらほの村は何守る?~」と題して、人口減少に揺れる岩手のとある村での取り組みが紹介されます。若者が戻ってこなくても生き延びる道を探る村、消滅する前に全員で移住して再出発をはかる地区。人口維持ではなく、本当に大切なものを守ろうと踏み切った地域の取り組み。ゲストは和良でもお馴染みの徳野貞雄先生です。お見逃しなく。

続きを読む..

本日の和良川 「和良診療所裏」  ※5分ごとに更新されます

Ulti Clocks content

Copyright (C) 2008.Gujo Wara Tourist Agency. All Rights Reserved.